農道整備

農道整備

■農道整備の目的

bridge01 農道整備は、農作業の効率化、農産物の品質向上及び生産から流通・加工までの有機的な連携を図るとともに、農村生活環境の改善とグリーンツーリズムや体験農園など都市住民との交流や観光に寄与することによる農村地域の活性化を目的としています。
[右画像]【農道橋梁】鹿児島県 (徳之島)

■私たちの仕事は・・・

農村地域において、安全で効率的、経済的な交通が確保できる路線を選定するとともに、道路構造、附帯構造物配置等について、現地地形、施工性、経済性、維持管理等に関する条件を勘案して最適な施設となるよう検討を行います。また、地域環境との調和や景観にも配慮した計画・設計を行います。

■新たな取り組み

bridge02 基幹農道(広域農道、農免農道、県単農道)は、国県道や幹線市町村道などの関連する道路網とは、機能に応じて整合性を保つことが必要とされています。
農道整備事業は将来の道路ネットワークの中で道路行政の一翼を担うものとしても位置づけられており、農村地域や中山間地域の活性化のための基礎的な条件整備の柱となっています。
[右画像]3次元CAD、VRシミュレーション等による設計